MENU

外科一般

Medical

外科一般|千早の内科・外科・足のクリニック - よしだ内科・外科・足クリニック

MEDICAL

外科一般

外科一般

擦り傷や切り傷、やけどなどの処置だけでなく、手術後のケア、潰瘍の処置などに関しても、できるだけ痛みを抑え、傷跡の目立たない治療を心がけています。小さなお子様でも対応しております。より専門的な設備や機器による治療が必要な際には、近隣の連携病院をご紹介し、スムーズに治療を受けられるようサポートしています。

外科で行う主な治療

外傷(切り傷・擦り傷・やけどなど)、粉瘤、手術後のケア、処置後のガーゼ交換、潰瘍の処置、捻挫・骨折(初期対応)、巻き爪、陥入爪など

切り傷

外科一般

日常的に誰もが経験する切り傷ですが、自分が思っているよりも深く切り、神経・腱・骨などまで損傷を受けている場合があります。当院では、損傷を受けた箇所を慎重に確認したうえで、適切な処置を行います。また、土や木片、サビなどが傷口に入ってしまった場合は、破傷風などの感染症の恐れがあります。

刺し傷(刺創/しそう)

植物のトゲや木片、ガラスや鉛筆など鋭利なものが刺さるケガは日常的によく起こります。見た目よりも損傷が深いのが特徴です。とくに針、釘やキリ、アイスピックなどが刺さった場合、神経・腱・骨・臓器などを損傷している可能性があります。大きなものが刺さった場合は、自分で抜かずにただちに受診をお願いします。

擦り傷(擦過傷/さっかしょう)

外科一般

運動や軽い転倒などで起こりやすい擦り傷です。砂や土などが入ってしまうことが多く、感染症に注意が必要です。まずは綺麗な流水で洗い流してください。できるだけ痕が残らないように、医療機関で正しい処置をするようにしましょう。

挫滅創(ざめつそう)

硬いものにぶつかる、指をつめる(挟む)など、強い衝撃で皮膚や筋肉の組織が圧迫され、損傷を受けた状態を「挫滅創(ざめつそう)」といいます。交通事故や労働災害などでよく起こります。挫滅創は、神経や筋肉などの組織が複雑に破壊される場合が多いため、治りが遅いケガです。また、傷痕が残りやすいのも特徴ですので、適切な治療を受けるようにしましょう。外傷には感染症の危険がつきものです。軽症であっても、軽く考えずに病院を受診されることをおすすめします。

咬み傷(咬創/こうそう)

外科一般

日常的に起こりやすいのは、犬や猫などのペットに噛まれることにより起こります。動物は、いろんな菌を持っておりますので、とくに感染症への注意が必要です。また、菌が入った状態で傷口をふさいでしまうと、膿が溜まることがあります。

やけど(熱傷)

外科一般

やけどは受傷した部位と大きさ、損傷の深さによって傷痕が目立ったり、引きつれなどの後遺症を残すこともあるため注意が必要です。治った後は痕ができるだけ綺麗になるよう治療していきます。やけどの場合には植皮術なども必要になる可能性が高く高度医療機関に紹介させていただきます。治った後は痕ができるだけ綺麗になるよう治療していきます。

粉瘤

皮膚の下に袋状の構造物ができて、皮膚の垢や皮脂が袋の中にたまってできた腫瘍のことです。アテロームと呼ばれます。しっかりエコーで病変、大きさを確認し当日手術することもあれば別日に手術を行うこともあります。
細菌が侵入して化膿することがあり、この場合は、炎症性粉瘤と呼びます。そのような状態になると、抗生物質の内服では不十分なことが多く、まずは、表面を少し切開して排膿します。炎症の状態が落ちいてから、根治のための外科的に摘出します。
術後は、鎮痛剤を処方します。場合によっては、抗生剤の内服薬を数日分処方することもあります。

手(日帰り手術やリハビリの相談)、整形疾患

手の変形や拘縮、しびれを伴う外傷には整形疾患が原因なこともあります。当院では東区の手を守るため箱崎(筥松)の秋吉整形外科と手の加療を医療連携しています。

秋吉整形外科はクリニックでは珍しい手の日帰り手術に精通した整形外科医師、理学療法士が手術からリハビリまで指導します。
症状、生活スタイル、職種に応じてアドバイス可能ですので、当院より紹介させていただきます。お気軽にご相談ください。